「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら

クールマルチ

クールマルチ(クオリティコントローラ&ハイクオリティコントローラ)

点検
code
異常時の表示異常内容・意味要因対処方法
L0異常時は左記点
コードとCU
№を交互
に表示
UC:ユニット
コント
    
庫内温度サーミスタ異
常(オープン)
運転中
庫内温度がー60℃以
下の場合
 
センサコネクタ外れ中継基板上のコネクタ「「CN101」を
チェックしてください。
センサ不良
中継基板の破損
温度センサを端子台からはずして抵抗値を
確認してください。
上記のいずれでもない
場合、中継基板を交換してください。
H0庫内温度サーミスタ異
常(ショート)
運転中
庫内温度が70℃以上
の場合
 
異物などによる短絡
センサ不良中継基板
の破損
センサの配線経路を確認し、異物があれば
取除いてください。
温度センサを端子台か
らはずして抵抗値を確認してください。
上記のいずれでもない場合、中継基板を交
換してください。
LH冷えすぎ防止異常
 注1
庫内設定温度
(ユニットOFF点)
から、3K
低下した状
態を1分間以上継続す
るか、
設定温度以下の
状態を10分間継続し
時点の温度よりさら
に庫内温度が低下し

場合
電磁弁<液>等漏れ 電磁弁<液>の詰まり・漏れを釜人し、必要
に応じて交換して
ください。 
圧力開閉器<低圧>の
設定
値不具合 
設定値を適正な値に変更してください
E0外部異常(冷却運転
中)
冷却運転中に
異常が発生した場合
ユニットに異常が発
生(高圧
カット・圧
縮機サーモ・OC
R)
ユニットの異常を取除いてください。
E1外部異常(霜取運転
中)
霜取運転中に異常
が発生した場合
ユニットに異常が発生ユニットの異常を取除いてください。 
C0リモコン過電流検出
リモコン電源に過電流
が流れた場合
    
HH50℃高温警報 注1
庫内温度50℃以上を
5秒間検出した場合
庫内収容物の過熱等 温度上昇要因を取除いてください。 
HC高温警報
運転開始後3時間以上
経過にて庫内温度
が設
定温度+庫内温度差+高

警報温度
差以上を60
分連続で検知した場合
        
F0 異常時は左記点
コードとCU
№を交互
に表示
システム設定異常
中継基板が同室複数台
システムに関する
設定
異常を検知した場合
システム設定誤り
モコン線の接触不
良・断線
など
異常要因を取除いてください。 
F1
F2
F3
F4
伝送異常
リモコンと中継基板の
伝送が正常に行わ
れな
くなった場合
リモコン線の配線不
(接触不良等)
配線経路を確認してください。 
リモコン線の長さオ
ーバー
所定の配線が使用され総延長250m以内に
なっているか
どうか確認してください。
01
02
03
0A
左記点検コード
のみ
点滅
リモコン線へのノイズリモコンの配線が高圧電線やインバータ等
のノイズ発生機器
の近くに配線されていな
いか確認してください
(高圧電線と平行し
て配線されている場合は電線管等を用い

分離してください)
UC番号設定ミスUC番号を正しく設定してください
中継基板の破損破損中継基板を交換してください
d0
d2
d3
d1
異常時は左記点
コードとCU
№を交互
に表示
M-NET通信異常(伝
送異常)
コンデンシン
グユニットまたはコン
トローラ
との伝送が途
絶えた場合
M-NET線の配線不
(断線・接触不良)
配線経路を確認してください。 
通信相手側の異常対象ユニットの電源状態・異常有無を確認
してください。
M-NET通信異常(ア
ドレス二重)
M-NETアドレスの
設定ミス
M-NETアドレスを正しく設定してください。

ハイクオリティコントローラ専用

異常コード異常項目
0100外部異常(詳細不明)
3180高温警報
3181冷えすぎ防止異常
318250℃高温警報
5182庫内温度サーミスタ異常
6600M-NET通信異常
6831~6834リモコン通信異常
7109M-NET通信異常
三菱電機
業務用エアコンのエラーコード
タイトルとURLをコピーしました