「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら
スポンサーリンク

アイシン

スポンサーリンク

GHP アイシン

異常コード内容異常検出・判定
(異常表示までの
発生頻度)





1


診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外基板考えられる
主な原因
診断・処置方法
codeサブコード
AF30
(室内機№)
室内機異常
ドレン
サーモOFF中に、フロートスイッチが
ON→OFFを5回以上繰り
返した場合(ー)

1.ドレン排水系
の異常
2.加湿器の給排
水系異常
1.ドレン排水系の詰りの確認
2.加湿器からの水漏れの確認
AH31
(室内機№)
室内機集塵
機異常
集塵機(別売品)取付時に
おいて集塵機からの異常信
号受信又は運転信号が来な
い場合
(ー)

室内機集塵機
不良
室内機集塵機の点検
AJ22
(室内機№)
室内機容量
設定不良
室内機基板に能力コードが
メモリされておらず、
且つ能力設定アダ
プタが
接続されていない場合
(ー)

室内機容量設定
ミス
室内機容量設定
A063
(室内機№)
室内機外部
保護装置
動作
室内機からの緊急停止入力
があった場合
(ー)

室内機緊急停止
入力
室内機緊急停止入力の確認
A1
20

(室内機№)
室内機制御基

ASSYEEPROM
設定不良
EEPROMから正しくデータ
を受信できなかった場合
(ー)




EEPROM異常
室内機制御基板の確認
A395
(室内機№)
室内機ドレン
水位異常
1.冷房・除湿運転で、コ
ンプレッサ接続時にドレン
水有りを検出
2.暖房運転でドレン水有り
を検出
3.上記1.及び2.以外でドレ
ン水有りを検出3分後に再度
ドレン水有りを検出した場合
(ー)

1.ドレン配管の
確認
2.フロートスイ
ッチの動
作不良
3.ドレンポンプ
不良・ド
レンポ
ンプ用配線断線
コネクタ外れ
1.配管の逆勾配・立ち上げ
寸法確認
2.フロートスイッチ及び
線確認
3.ドレンポンプ点検
A615
(室内機№)
室内機ファン
ロック
室内機ファンモータに回転指令を
出した後30秒連続して回転
数が200min未満を検出
(ー)

室内機ファン又
は室内機ファン
モータの
不良
室内機ファン又は室内機
ファンモータの
確認
A735
(室内機№)
室内機風向調
整モータ
異常
風向調整用電動機に通電し
ても位置決め用マイクロスイッチが
反転ON/OFFしない場合
(ー)

室内機風向調整
モータ又はルーパの
不良
室内機風向調整モータ又は
ルーパの点検
A921
(室内機№)
室内機電子膨
張弁
駆動部異

マイコン初期化時に、電
子膨張弁コイルへのピン入力が
正常でない場合
(
ー)


室内機電子膨張
弁不良
室内機電子膨張弁の点検
CA98
(室内機№)
室内機吹出空
気用
温度セン

サ異常
運転中に吹出空気温度センサ
が、断線又は短絡した場合
(ー)

室内機吹出空気
用温度センサの不良
又は
断線又は短
室内機吹出空気用温度センサ
の点検
CJ17
(室内機№)
室内機リモコ
ンセンサ
異常
運転中に室内機リモコンセ
ンサが、断線又は短絡した
場合(
ー)


室内機リモコン
センサ不良
室内機リモコンセンサの
点検
C418
(室内機№)
室内機熱交液
温度センサ断

線/短絡
1.電源投入後10秒以内に
5秒連続-50℃未満

2.コンプレッサ接続後2分
から2分20秒の間に5秒連続
-50℃未満

3.電源投入後10秒以内に5
秒連続70℃以上

4.コンプレッサ接続後2分
から2分20秒の間に5秒連続
70℃以上
(ー)

1.室内機熱交換
温度センサ不良
(素子不良・断
線)

2.センサ用コネ
クタ接続不良

3.室内基板不良
(熱交ガスセン
サ入力回路不良)
1.室内機熱交換センサ点検
2.コネクタ接続確認
(読込温度確認)

3.室内基板確認
C519
(室内機№)
室内機熱交ガ
ス温度
センサ

断線/短絡

1.室内機熱交ガ
スセンサ不良(素
子不良・断
線)
2.センサ用コネ
クタ接続
不良
3.室内基板不良
(吸込温
度セン
サ入力回路不良)
 

1.室内機熱交ガスセンサ
点検
2.コネクタ接続確認
(読込温度確認)

3.室内基板確認

C997
(室内機№)
室内機吸込温
度センサ断

線/短絡
1.室内機吸込温度が5秒連続
-50℃未満
2.電源投入後10秒以内に5
秒連続48℃以上
(ー)

1.室内機吸込温
度センサ不良(素
子不良・断線)
2.センサ用コネ
クタ接続不良
3.室内基板不良
(吸込温度セン
サ入力回路不良)
1.室内機吸込センサ点検
2.コネクタ接続確認
(読込温度確認)
3.室内基板確認

異常コード内容異常検出・判定
(異常表示までの発生頻度)




1

診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外基板考えられる主な原因診断・処置方法
codeサブ
コー
EA57四方切換弁切
換不良
四方切換弁切換失敗判定にて四方
切換弁切換失敗判定「あり」とな
った場合
(連続10回)

四方切換弁不良四方切換弁点検
EC80エンジン水温
過上昇
エンジン運転時、エンジン水温
105℃以上を連続10秒以上検知
(2回/15分)

冷却水循環不良
(冷却水不足)
放熱不良 etc.
故障診断「水温異常」
参照
EH8010冷却水ポンプ
起動失敗
冷却水ポンプ運転開始後10秒経過
しても、冷却水ポンプ回転数が
1400min以上とならない状態が3
回連続した場合エンジン始動禁止
(1回)

1.冷却水ポンプの異常
2.室外基板の出力異常
3.コネクタの接触不良
1.冷却水ポンプの確認
2.室外基板の確認
3.コネクタの接続確認
EH8020冷却水ポンプ
回転数異常
冷却水ポンプ運転時、次の状態が発
生した場合
1.冷却水ポンプ回転数が1400min未
満を連続5秒以上検出した場合、ま
たは
2.冷却水ポンプ回転数が3700min以
上を連続5秒以上検出した場合、ま
たは
3.冷却水ポンプ回転数の偏差が
200min以上を2秒以上検出した場

(2回/15分)

1.冷却水ポンプの異常
2.室外基板の出力異常
3.コネクタの接触不良
1.冷却水ポンプの確認
2.室外基板の確認
3.コネクタの接続確認
30IPM異常冷却水ポンプ又はファンモータONタイミング
でドライバ異常信号を1秒間に300m
s連続して検出した場合、または
1.5秒間に100ms以上の信号を2回
以上検出した場合

(2回/15分)

IPM素子の不良DCBL基板交換
E140
 
EEPROM
異常
1.EEPROM機種コード読出しデータ
異常または
2.電源投入時EEPROM゙読出しデータ
異常又は
3.EEPROMエリア2箇所以上書込み不能

(1回)

EEPROM異常
  
室外機基板の確認
  
EEPROM
機種コー
ド異常
1.EEPROM機種コード読出し不能又は
2.EEPROM機種コードとプログラム機種コ
ードのアンマッチ
(1回)
プログラム
アンマッチ
メインマイコンの機種コードとエンジンマイコンのエ
ンジンコードがアンマッチ
(1回)
84メイン-エ
ンジンマイ
コン間通信
異常
1.エンジンマイコンからの受信が5
秒以上途絶えた場合、または
2.エンジンマイコンからの受信異常
送信を5秒以上受信した場合

(3回連続)


エンジンマイコン
通信異常
室外機基板の確認
I/F-メイ
ンマイコン
間通信異常
1.I/Fマイコンからの通信を連続15
秒正常受信できない場合、又は
2.I/Fマイコンからの受信異常を連
続15秒以上受信した場合、又は
3.他室外機のI/F-メイン間通信異
常を連続15秒以上受信した場合

(1回)


I/Fマイコン
通信異常
室外機基板の確認
E386冷媒高圧
異常1
●リニューアル機のみ
1.冷媒高圧スイッチOFFを連続1秒検
出、又は
2.冷媒高圧3.3MPa以上を連続5秒検

●リニューアル機以外
高圧緊急回避用補正値3.7MPa以上
を連続3秒検出

(3回/15分)

1.凝縮器の放熱不良
2.冷媒系
不良(閉塞・過充填
etc)

 
1.凝縮器側熱交換器
の目詰まり及びファ
ン作動確認
2.室冷媒量・冷媒系
の閉塞確認

 
冷媒高圧
異常2
冷媒高圧スイッチOFFを連続1秒
検出(リニューアル機以外)

(1回)

E486冷媒低圧
異常
コンプレッサ運転時、冷媒低圧
0.08MPa未満を3秒検出した場合

(2回/15分)

1.蒸発器の放熱不良
2.冷媒系の閉塞・
漏れ等
 
E78610ファンモー
タ全台起動
失敗又は全
台回転数異
ファンモータが全台起動失敗、又
は回転数異常で動作不能状態にあ
る場合(詳細は下記参照)
(1回)

1.ファンの異常
2.室外基板の出力異常
3.コネクタの接触不良
1.ファンの確認
2.室外基板の確認
3.コネクタの接続確認
11ファンモー
タ1起動失
該当ファンモータの運転開始後10秒経過
しても該当ファンモータの回転数が50m
inに満たない状態が3回連続した
場合(エンジン起動時でファンモータ電圧指
令が出ている場合、1台以上正常に
起動したのを確認できない間はエン
ジン始動禁止とする)

(1回)
 


 
1.ファンの異常
2.室外基板の出力異常
3.コネクタの接触不良

 
1.ファンの確認
2.室外基板の確認
3.コネクタの接続確認

 
12ファンモー
タ2起動失
13ファンモー
タ3起動失
21ファンモー
タ1回転数
異常
該当ファンモータ運転時(運転指
示後10秒間は検出しない)
1.モータ回転数が50min未満を連
続10秒以上検出した場合、または
2.モータ回転数が1000min以上
を連続10秒以上検出した場合

(1回)

1.ファンの異常
2.室外基板の出力異常
3.コネクタの接触不良

 
1.ファンの確認
2.室外基板の確認
3.コネクタの接続確認

 
22ファンモー
タ2回転数
異常
23ファンモー
タ3回転数
異常

異常コード内容異常検出・判定
(異常表示までの発生頻度)




1

診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外基板考えられる
主な原因
診断・処置方法
codeサブ
コー
FE81エンジン油
圧異常
エンジン始動後10秒以上経過時にエンジ
ン油圧スイッチONを連続3秒以上
検出

(2回/15分)

油圧不足
(オイル不足など)
故障診断「油圧異常」参照
FF58冷凍機油切
1.室外連結タイプバックアップ運転
中、かつ
2.運転室外機のオイル切れ判定30分
連続検知
※異常確定した場合、次回は他方の
室外機を優先室外機とする

(2回/60分)

冷凍機油不足冷凍機油の量・漏れの確認
FJ47排気温度異
臭気低減仕様オプション着装設定
時、コンプレッサ運転中で、排気温
度700℃以上を連続30秒検出した場

(1回)

臭気触媒の閉塞臭気触媒の確認
F391コンプレッ
サ吐出温度
過上昇
コンプレッサ接続側の吐出温度セン
サ検出温度(複数のコンプレッサ接
続時はそのうちの一番高いものを選
択)が120℃以上を3秒検出した場

(2回/15分)

1.冷媒不足・冷媒系
閉塞・コンプレッサ
圧縮不良
2.凝縮器放熱不良
3.非凝縮ガス混入
故障診断「コンプレッサ吐
出温度異常」参照
F4

87

コンプレッ
サ吸入温度
過上昇
コンプレッサON時、接続中コンプ
レッサ接続系統の吸入センサ検出温
度のうち高い方が60℃以上を連続
10分検出

(1回)

1.コンプレッサ
不良
2.四方切替弁中間
ロック

 
1.コンプレッサ本体温度
確認
2.四方切換弁周辺温度確認

 
コンプレッ
サ吸入過熱
度未上昇
コンプレッサ運転開始後15分経過
し、系統の吸入過熱度が2℃未満の
状態を連続3分検出(寒冷除霜復帰
時を除く)

(2回/30分)

HC

70エンジン水
温センサ断
エンジン運転時、エンジン水温0℃
未満を連続3分検出

(2回/15分)

1.水温センサ断線
2.コード断線・コネ
クタ外れ
1.水温センサの点検
2.ハーネス・コネクタの
点検
80エンジン水
温センサ短
エンジン水温120℃以上を連続1分
検出
(1回)


水温センサ不良
又は短絡
故障診断「水温異常」参照
HF

EE



定期点検
   
1.定期点検1(注意報発報):エンジン
運転時間-前回定期点検時間が
「(定期点検時間-200時間)~(定
期点検時間±0時間)」

(1回)






定期点検の実施
2.定期点検2(警報発報):エンジン運
転時間-前回定期点検時間が「(定期
点検時間±0時間)~(定期点検時
間+200時間)」

(1回)

3.定期点検3(異常発報):エンジン運
転時間-前回定期点検時間が「(定期
点検時間+200時間)~」

(1回)

※定期点検表示有設定時のみ検出
HJ80エンジン冷
却水空
エンジン水温過上昇で停止後、2分30
秒経過時にエンジン水温90℃以上を検
出した場合

(1回)

冷却水未充填
のまま空運転
故障診断「水温異常」参照
H376高圧スイッ
チ断線
トランス電源ON時に連続3分高圧
スイッチOFFを検出

(1回)

1.高圧スイッチ
不良
2.コード断線・
コネクタ外れ
1.高圧スイッチ確認
H9

61

外気温度セ
ンサ断線
外気温度-39℃未満を連続1分間検出
(1回)





外気温度センサ
短絡又は不良

 
1.温度表示確認
2.外気温度センサ確認
外気温度セ
ンサ短絡
外気温度90℃以上を連続1分間検出
(1回)
HA73高圧センサ
異常1
前回高圧センサによる高圧異常で停
止し、次回運転開始時に冷媒高圧が
3.8MPa以上を検出した場合

(1回)

高圧センサ不良
又は短絡
1.温度表示確認
2.高圧センサ確認
高圧センサ
異常2
コンプレッサ運転時に冷媒高圧
0.3MPa未満を連続30秒を継続した
場合、一旦システムを停止する(停
止方法B)次回運転開始時に冷媒高
圧0.30MPa未満を検出した場合

(1回)

1.高圧センサ不良
又は断線
2.コード断線・
コネクタ外れ
1.圧力表示確認
2.高圧センサ断線・
ハーネスの断線・
コネクタ外れ確認

異常コード内容
異常検出・判定
(異常表示までの発生頻度)






1


診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外基板
考えられる
主な原因

診断・処置方法
codeサブ
コー
JC88冷媒低圧セ
ンサ異常
前回低圧異常にて停止
し、次回運転開始時に冷
媒低圧が0.08MPa未満を
検出した場合

(1回)

1.低圧センサ不良
2.コード断線・
コネクタ外れ
1.低圧センサの点検
2.ハーネス・コネクタの
点検
JE71エンジン油
圧スイッチ
断線
始動時スタータON前に
エンジン油圧スイッチ0FF
を連続5秒検出(最初の2
回は検出後エンジンを3秒運
転→60秒停止、3回目以降
は始動を中断する)

(連続5回)

1.油圧スイッチ不良
2.コード断線
・コネクタ外れ
1.油圧スイッチの点検
2.ハーネス・コネクタの
点検
JJ


72


エンジンル
ーム温度セ
ンサ断線
エンジンルーム温度-39℃
未満を連続1分間検出

(1回)


1.エンジンルーム
温度センサ不良又
はコネクタ接続不良

2..エンジンルーム
温度センサ不良又
は短絡

3.排気温度センサ
不良又はコネクタ
接続不良
1.温度表示確認(実測値
と抵抗値比較確認)

2..エンジンルーム温度セ
ンサ確認及びコネクタ接続
確認

3.排気温度センサ確認及び
コネクタ接続確認
エンジンル
ーム温度セ
ンサ短絡
エンジンルーム温度90℃
以上を連続1分間検出

(1回)


排気温度セ
ンサ断線
臭気低減仕様オプション
装着設定時、コンプレッ
サ運転中で、排気温度
250℃未満を連続4分検出
した場合

(2回/15分)

J3

78

コンプレッ
サ吐出温度
センサ断線

   
コンプレッサ1運転時、吐
出温度1が5℃未満を連続
10分検出

(1回)



吐出温度センサ
不良又は断線

   
1.温度表示確認
2.吐出温度センサ確認

   
コンプレッサ2運転時、吐
出温度2が5℃未満を連続
10分検出

(1回)
コンプレッサ3運転時、吐
出温度1が5℃未満を連続
10分検出

(1回)
コンプレッサ4運転時、吐
出温度2が5℃未満を連続
10分検出

(1回)
91

コンプレッ
サ吐出温度
センサ短絡

   
コンプレッサ1の吐出温度
が120℃以上を連続1分検
出した場合

(1回)




吐出温度センサ
不良または短絡

   
1.温度表示確認
2.吐出温度センサ確認
3.吐出温度センサ用
コネクタの確認

  
コンプレッサ2の吐出温度
が120℃以上を連続1分検
出した場合

(1回)
コンプレッサ3の吐出温度
が120℃以上を連続1分検
出した場合

(1回)
コンプレッサ4の吐出温度
が120℃以上を連続1分検
出した場合

(1回)
J4

55

アキュムレ
ータ出口温
度センサ1
断線
アキュムレータ出口温度1
が-39℃未満を連続1分検

(1回)




過冷却熱交入口
温度センサ不良
または断線又は
コネクタ接続不良

 
1.温度表示確認
2.過冷却熱交入口温度
センサ確認

 
アキュムレ
ータ出口温
度センサ2
断線
アキュムレータ出口温度2
が-39℃未満を連続1分検

(1回)
アキュムレ
ータ出口温
度センサ1
短絡
アキュムレータ出口温度1
が90℃以上を連続1分検出

(1回)
過冷却熱交入口
温度センサ不良
または短絡

 
1.温度表示確認
2.過冷却熱交入口温度
センサ確認

 
アキュムレ
ータ出口温
度センサ2
短絡
アキュムレータ出口温度2
が90℃以上を連続1分検出

(1回)
J5

53

コンプレッ
サ吸入温度
温度センサ
1断線
コンプレッサ吸入温度1
が-39℃未満を連続1分検

(1回)




コンプレッサ吸入
温度センサ不良
または断線又は
コネクタ接続不良

 
1.温度表示確認
2.吸入温度センサ確認

 
コンプレッ
サ吸入温度
温度センサ
2断線
コンプレッサ吸入温度2
が-39℃未満を連続1分検

(1回)
コンプレッ
サ吸入温度
温度センサ
1短絡
コンプレッサ吸入温度1
が90℃以上を連続1分検出

(1回)
コンプレッサ吸入
温度センサ不良
または短絡

 
1.温度表示確認
2.吸入温度センサ確認

 
コンプレッ
サ吸入温度
温度センサ
1短絡
コンプレッサ吸入温度2が
90℃以上を連続1分検出

(1回)
J6

65

室外機熱交
駅温度セン
サ断線
室外機熱交液温度-39℃未
満を連続1分検出

(1回)




室外機熱交液温度
センサ不良または
断線又はコネクタ
接続不良
1.温度表示確認
2.室外機熱交液温度
センサ確認

 
室外機熱交
駅温度セン
サ短絡
室外機熱交液温度90℃以
上をを連続1分検出

(1回)
室外機熱交液温度
センサ不良または
短絡
J7

66

サブ熱交出
口温度セン
サ断線
サブ熱交出口温度が-39℃
未満を連続1分検出

(1回)




サブ熱交出口温度
センサ不良または
断線又はコネクタ
接続不良
1.温度表示確認
2.室外機熱交液温度
センサ確認

 
サブ熱交出
口温度セン
サ短絡
サブ熱交出口温度が90℃
以上を連続1分検出

(1回)
サブ熱交出口温度
センサ不良または
短絡
J8

67

室外機液管
温度センサ
断線
室外機液管温度が-39℃未
満を連続1分検出

(1回)




室外機液管温度セ
ンサ不良または断
線又はコネクタ接
続不良
1.温度表示確認
2.室外機熱交液温度
センサ確認

 
室外機液管
温度センサ
短絡
室外機液管温度が90℃以
上を連続1分検出

(1回)
室外機液管温度セ
ンサ不良または短絡

異常コード
内容
異常検出・判定
(異常表示までの発生頻度)





1


診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外基板
考えられる
主な原因

診断・処置方法
codeサブ
コー
LE
75

イグナイタ過
小電圧
エンジン運転中にイグナイ
タの電圧が9V未満の状態
を1分以上検出し、且つ失
火を検出した時

(2回/15分)






1.イグナイタの動作
不良
2.イグナイタ電源の
動作不良

  
故障診断「エンジンはかか
るがエンストする」参照

尾の注)参照
イグナイタ断
エンジン運転中にイグナイ
タの電圧が0.5V未満の状態
を1分以上検出

(1回)
イグナイタ過
電圧
エンジン運転中にイグナイ
タの電圧が17V以上の状態
を30秒以上検出

(1回)
LF84エンジン始動
失敗
スタータON後0.9秒経過
時~ガス電磁弁2OFFの間
にエンジン回転数700min
以上を連続6パルス検出不
可能

(連続4回)

1.燃料系の不良
(供給不足)
2.点火系の不良
故障診断「エンジンが始動
しない」参照
LH68電源投入時コ
ンバータ信号
アンマッチ
初期検出期間に以下の1.2
のいずれかの条件を満足し
た場合
1.下記の条件を全て満たし
た場合
・スタータトランスON
・運転/停止発電リミット出力
がOFF
・運転アンサーバック入力が連続
10秒60W以上
2.下記の条件を全て満たし
た場合
・運転/停止発電リミット出力
がOFF
・運転アンサーバック入力が連続
10秒60W以上

(1回)


1.コンバータとメ
イン制御基板間の
ハーネス不良またはコ
ネクタの接触不良
2.コンバータ端子
台へのハーネス接触不良
3.コンバータのインタ
ーフェース回路不良
4.メイン制御基板
のインターフェース回路不良
5.発電機不良
1.コネクタ、端子台接続確

2.コンバータ・チャージラ
ンプ(LED1;赤)の点灯
確認
3.コンバータの交換
4.メイン制御基板の交換
5.コンバータ/発電機の故障
確認
  10発電機、コン
バータ軽故障
以下の1.2のいずれかの条
件を満足した場合
1.エンジン起動前スタータ
トランスON~エンジン停
止の期間でコンバータエラ
ー入力が連続1秒ON
2.コンバータ運転中に発電
量アンサーが連続30秒60
W未満

(連続3回)

※ 軽故障異常検出時
にはLHをリモコンに表
示し、一旦システムを
停止する。 リモコンリ
セット以降は警報表示
としてシステム運転可
能とする。

 








1.過電流(発電機
過電流発生)
2.過電圧(発電電
圧が過電圧)
3.不足電圧(発電
電圧で電圧不足)
4.コンバータ過熱
5.過負荷;発電機
6.過負荷;コンバータ
7.速度過大(コンバータ
内部制御
回転検出不良)
9.メモリーエラー(コンバータ
内部制御基板異常)
10.CPUエラー(コンバ
ータ内部制御基板異常)
11.直流電圧異常
1.コネクタ、端子台接続確

2.コンバータ/発電機の故障
確認
3.発電機ベルトの張力確認
4.コンバータの交換
5.発電機の交換(但し、左
記「主な原因」が「コンバ
ータ過熱」
「過負荷;コンバータ」「速
度過大」「メモリーエラ
ー」「CPUエラー」「直
流電圧異常」の場合は除
く)
LH6820発電機、コン
バータ重故障
エンジン起動前スタータト
ランスON~エンジン停止
の期間でコンバータエラー
入力が連続30mcecOFF
継続

(1回)


1.コンバータ素子短絡
故障
2.発電機短絡または
地絡故障
3.発電機断線
1.コネクタ、端子台接続確

2.コンバータ/発電機の故障
確認
漏電ブレーカが漏電遮断し
た場合は発電機の地絡が考
えられます。故障診断「電
源系異常」を参照して発電
機の絶縁抵抗を確認して下
さい
3.発電機ベルトの張力確認
4.コンバータの交換(左記
「主な原因」が「コンバー
タ素子短絡故障」の場合)
5.発電機の交換(左記「主
な原因」が「発電機短絡ま
たは地絡故障」「発電機断
線」の場合)
LJ75エンジンスト
ップ
エンジン運転時、エンジン
回転数650min未満を連続1
秒検出

(4回/15分)

1.エンジン出力不足
2.ステッピングモータの
動作不良etc
故障診断「エンジンはかか
るがエンストする」参照

異常コード
内容
異常検出・判定
(異常表示までの発生頻度)





1


診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外基板
考えられる
主な原因

診断・処置方法
codeサブ
コー
PE74ガス電磁弁
出力異常
ガス電磁弁動作タイミング以外で
ガス電磁弁の出力がON状態
を連続30秒以上検出した場

(1回)

ガス電磁弁出力異常室外基板確認
PF60スタータ
誤動作
スタータOFF時スタータ
ピニオン駆動電圧5V以上を
3秒検出した場合

(連続2回)


1.スタータリレーの
溶着
2.室外基板の不良
1.スタータリレーの交換
2.室外基板の交換
P8

74

エンジン起動
回転数不足
スタータON後5秒間エンジ
ン回転パルス6パルス未満

(2回連続)

1.スタータモータ不良
2.コネクタ外れ
3.ピックアップコイル
断線
1.スタータモータ交換
2.コネクタ確認
3.ピックアップコイル確認
エンジン回転
数制御異常
コンプレッサ運転後15秒以
上経過時に、
1.エンジン回転数900min
未満を連続60秒検出、また

2.エンジン回転数800min
未満を連続10秒検出、また

3.エンジン実回転数が指示回
転±300minを連続60秒外
れた場合

(3回/15分)

1.コネクタ接続不良
2.ガスミキサの不良
3.エンジンの圧縮不良
4.点火系の不良
5.エアエレメント
詰まり
1.コネクタの接続確認
2.スロットル弁の点検
3.エンジン圧縮圧力の点検
4.点火プラグ・コイル・高
圧コードの点検
5.エアエレメントの点検・
交換
エンジン回転
数ハンチング
異常
コンプレッサ運転後15秒以
上経過時、又はエンジン指
示回転数安定後15秒以上経
過時にエンジン実回転数が
1.指示回転数+150min~
-150min
2.指示回転数-150min~
+150min
に変化のいずれかを2分間に
10回以上検出した場合

(1回)


スロットル弁・ステッ
ピングモータ不良など
スロットル弁の動作確認
82
エンジン過回
転異常1
エンジン運転時、エンジン
回転異常3.400min以上を
連続1秒検出した場合

(3回/15分)





ステッピングモータ動
作不良など

 
故障診断「過回転異常」参

 
エンジン過回
転異常2
エンジン運転時、エンジン
回転異常3.200min以上を
連続10秒検出した場合

(3回/15分)
UA
43
室内機接続
台数オー
バー
記憶している室内機接続台
数より多い
室内機が接続された
場合
(1回)

接続された室内機の合
計台数が規定値
を超え
室内機接続容台数の確認
室内機接続
容量オーバー
室外機に規定容量以上の室
内機容量総和を接続
(シングルのみ)

・検出条件:シングル室外機に
接続された室内機の総容量
が(室外機容量+1kw)以上

(1回)

接続された室内機の合
計台数が規定値を超え
た(シングルのみ)
室内機接続容量の確認
UA44
室内
機№
・室内機
・BSユニット
・室外機組合
せ不良
(機種
・台数など)

・室内機
・リモコン組
合せ不良(該
当リモコン)

・BSユニット
接続位置不良

・誤配線異常
・基板種別設
定不良
●室外機検出;以下の何れ
かを満たした場合
・シングル室外機に規定容量
(7.1kW,14.0kW,28.0
kW)以外の室外機が接続
された場合

●室内機検出;
・通信上の冷媒種別が不一
致の場合に検出ブランドの
組合せ不良を検出する仕様
にした場合にも使用

(1回)


1.規定容量以外の室内
機を接続
2.冷媒種別・ブランド
が不一致
1.室内機機種の確認
2.冷媒種別・ブラン
ドの確認
UC
36

室内
機№

集中アドレス
 
室外機検出;
・エアネットアドレス重複
(遠隔監視アドレス設定済の場
合のみ検出)

(ー)


アドレス設定不良
 
アドレス設定の確認
 
室内機検出;
・集中管理アドレス重複

(ー)


UE23
室内
機№
室内機-集中
制御機器
伝送異常
室内機検出;
・室外機への異常情報送信
はリモコンレスの場合のみ
実施
(ー)

1.運転中に信号線接続
不良発生(外れ・緩
み)
2.ノイズ等による通信
不良
3.室内・室外機が別電
源時、運転中に片側電
源0FF(停電・欠
相)
4.基板の異常
1.電源確認(室内・
室外機)
2.ヒューズ・トラン
スの確認
3.リモコン電源・信
号線の確認
4.ノイズ進入経路の
遮断・リモコン線シ
ールド化
5.基板交換
UF
24

室内
機№

系統未設定
誤配線
室外機検出;
・誤配線・閉鎖弁閉を検出
した場合
(1回)

配線・閉鎖弁系の不良配線・閉鎖弁系の点検
室内機検出;
・室内機に室外機の系統が
未設定時に検出例えば、室
内機を室外-室外ラインに接続
(1回)

接続不良接続の確認
UHシステム系
不良
室内機検出;
・室内機の通信アドレスが
ない場合に検出初期電源投
入~自動アドレス終了迄
(ー)

アドレス設定不良アドレス設定の確認
U088冷媒空室外機運転開始時(エンジ
ン始動前)に
1.冷媒高圧が0.30MPa未満、
かつ
2.冷媒低圧が0.08MPa未満
を検出した場合

(1回)

1.冷媒漏れ(フレア
接続部・溶接部等から
の冷媒漏れ)
2.低圧センサ不良
故障診断「冷媒低圧異
常」参照
U1
41
三相電源欠相欠相状態検出時、仮異常と
してシステム停止する
仮異常停止中に連続3分欠相
を検出した場合、異常とす

(1回)


三相電源接続時にサブ
基板の電源設定が単相
接続となっている
コネクタ差換え
単相電源
不要相結線
単相電源で電源投入時にR-S
以外の相間で電圧印加状態
を連続5秒確認した場合

(1回)

単相電源接続時にサブ
基板の電源設定が三相
接続となっている
コネクタ差換え
U3室外機チェック試
運転未実施
室外機にてチェック試運転未実
施で室内機を運転させた場

(1回)

チェック試運転の実施
U4・室内機-室外

・BS・ユニッ
ト間通信異常

・室外機-BSユ
ニット間通信異
室内-室外機間で通信が正常
に行われなかった場合

※BSユニットは冷暖同時運転システ
ムに適用

(1回)

1.運転中に室外機信号
線接続不良発生(外
れ・緩み)
2.ノイズ等による室内・
室外機通信不良
3.室内・室外機が別電
源時、運転中に片側電
源0FF(停電・欠
相)
4.室外基板の異常
1.室内・室外機信号線の確

2.配線経路の確認
3.室内・室外機間信号線シー
ルド化
4.電源確認(室内機・室外
機)
5.室外基板の確認
U5リモコン基板
不良又はリモ
コン制御時設
定不良
室内機-リモコン間の通信が
正常に行われなかった場合

(ー)

リモコン基板又はリモ
コン設定の異常
リモコン基板又はリモコン
設定の点検・確認
U5
室内
機№
リモコン-
室内機
間通信異常
リモコン-室内機間で通信を
開始した後、2分間連続でリ
モコン-室内機間の通信が途
絶えた場合

(ー)

1.リモコン複数台制御
時、一部室内機の電源
0FF
2.リモコン信号線(Y)の接
触不良・断線
3.リモコン線にノイズ
侵入
4.室内基板異常
1.電源確認(室内・室外
機)
2.ヒューズ・トランスの確

3.リモコン電源・信号の確

4.ノイズ侵入経路の遮断・
リモコン線シールド化
5.室内基板の確認

異常コード
内容
異常検出・判定
(異常表示までの発生頻度)
表示
区分


1


診断・修理方法
リモ
コン

表示
室外
基板

考えられる主な原因
診断・処置方法
コード



U7

室外機間通信
異常1
<通信異常>
以下の場合に10秒以上
連続で通信が途絶えた
場合

①室外連結タイプ゚自
動アドレス中
親;自動アドレス開始決
定送信~自動アドレス
終了
子;自動アドレス開始決
定送信~自動アドレス
終了

②室外連結タイプ゚通
常通信中
親;常時
子;親機からの通常通信
を1度以上受信後常時

(1回)
異常B、
1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認
5.室外基板の確認
室外機間通信
異常2
<自動アドレス異常>
親機;以下のいずれかを
満たした場合
①室内機が接続されて
いる室外機の記憶アドレ
スが子機アドレス
②子機が3台以上存在
する場合
③子機からの室外連結
タイプ開始信号が連続10
回不一致
④今回検出された子機
接続台数が記憶台数よ
り多い
⑤室外連結タイプ゚通
信上で、自動アドレス記
憶済と未が混在
⑥子機の記憶親機シリアル
№今回の親機シリアル№と
不一致(親機シリアル№未
記憶の場合を除く)
⑦記憶アドレス未決定時
に自動アドレス終了指令
を除く)
10回以上送信

(1回)
異常1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認5.室外基板の
確認
室外機間通信
異常3
<室外連結タイプ機種設
定アンマッチ>
・親機;親機と子機の機
種設定がアンマッチ(シング
ル/マルチ、ガス種、リニューア
ル、寒冷等)

・子機;親機から室外連
結タイプ機種設定アンマッチ
を受信

(1回)
異常1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認5.室外基板の
確認
室外機間通信
異常4
<室外連結タイプ自動ア
ドレス記憶データ異常>
・以下の室外機データが
室外連結タイプ自動アドレ
ス未記憶/親機記憶データ/
子機記憶データのいずれ
にも該当しない場合

・室外アドレス
・室外機
・室外シリアル№
(親機FF以外はN
G/子機FFはNG)

(1回)
異常1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外
れ・緩み)2.ノイズ等に
よる通信不良
3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認
5.室外基板の確認
室外機間通信
異常5
<室外連結タイプ子機接
続台数不足>
・今回接続確認できた
室外機台数が、記憶さ
れた室外機接続台数未
満であった場合
(1回)
異常1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認5.室外基板の
確認
室外機間通信
異常6
<室外連結タイプ自動ア
ドレス時間オーバー>
・最初の”室外連結タイ
プ自動アドレス開始”送信
開始後10分経過しても
室外連結タイプ自動アドレ
ス設定が終了しない。
(異常判定終了は室外
連結タイプ自動アドレス未
記憶時は作業者への確
認指示表示、室外連結
タイプ自動アドレス記憶済
時は室外連結タイプ自動
アドレス終了時とする)
(1回)
異常1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認5.室外基板の
確認
室外機間通信
異常7
<室外連結タイプ通常通
信異常>
・親機;下記①~⑥を
10秒のうち同じものを
3回以上検出
①子機接続台数0台で
親→子1通常通信に対
する返信を受信
②子機接続台数0台で
親→子2通常通信に対
する返信を受信
③子機接続台数1台で
親→子2通常通信に対
する返信を受信
④子機接続台数1台で1
回の親→子1通常通信
に対する返信を2回以
上受信
⑤子機接続台数2台で1
回の親→子1通常通信
に対する返信を2回以
上受信
⑥子機接続台数2台で1
回の親→子2通常通信
に対する返信を2回以
上受信
(1回)
異常B、
1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線シールド゙化
4.電源確認5.室外基板の
確認
U8主リモコン-
従リモコン間
伝送異常(従
リモコン異
常)
従リモコン側で検出
(ー)
異常1.信号線接続不良発生
(外れ・緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.基板の異常
1.信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線のシールド化
4.電源確認5.基板の確認
U9・同一系統の
他の室内-室
外機間伝送異

・同一系統の
他のBSユニ
ットー室内・
室外機間伝送
異常
・室内機検出異常で、
異常処理がA~Eに相当
する異常が発生した場

・他室内機に「U9」表
示実施し、室外機を停
止する停止方法は異常
内容により異なる
異常内
容によ

  

1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による室内・
室外機通信不良
3.室内機・室外機が別
電源時、運転中に片側
電源0FF(停電・欠
相)
4.室外基板の異常
1.室内・室外信号線の
確認
2.配線経路の確認
3.室内・室外間信号線
のシールド化
4.電源確認
(室内・室外機)
5.室外基板の確認


・室外-室内
機間通信異常
・室外機-BS
ユニット間通
信異常
電源投入後、又は配線
換後20分経過しても正
常通信が出来ない

(1回)
異常B、
1.運転中に室外信号線
接続不良発生(外れ・
緩み)
2.ノイズ等による通信不

3.運転中に電源0FF
(停電・欠相)
4.室外基板の異常
1.室外機信号線の確認
2.配線経路の確認
3.信号線のシールド化
4.電源確認(室内・室
外機)
5.室外基板の確認




・室外-室内
機間通信異常
・室外機-BS
ユニット間通
信異常
通信モジュールからの
信号異常が連続1分継
続した場合

(1回)
異常B、
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GHP
スポンサーリンク
nuyをフォローする
業務用エアコンのエラーコード
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました