「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら
スポンサーリンク

ルームエアコン

室外機 14A・B・C

LD
301
自己診断
内容
表示理由 主なチェックポイント   
消灯正常停止室内サーモオフ、主操作
オフ
以外は異常
①室外端子台1-2間にAC100V(AC200V)がきているか確認
・OK:室外機点検 ・NG:室内機点検
②室外機の点検:リアクタ接続、各ヒューズを点検し、異常が
なければ室外電気品交換
・リアクタの接続に不具合があれば修正
・25Aヒューズ断線→
室外電気品交換
・2Aヒューズ(F4)断線→室外ファンモータ点検
③室内機の点検
・Fケーブル逆接続、接触不具合があれば修正
・電源電圧に異常があれば電圧修正
(AC100V機種にAC200V誤投入→室内3Aヒューズとバリスタ交換)
異常がなければ室内
電気品(制御基板)交換
2秒点灯 0.3秒
消灯
を繰り
返す
 過負荷状態で圧縮機を
保護
するため回転数を
自動的に
コントロール
する
過負荷状態であり、異常ではありません
1回点滅リセット停止電源リセット停止のと
( 電源投入時正常)
・一旦電源を切り、室外FM、電動膨張弁コイル等のコネクタを
ひとつずつ外して強制冷房運転する。コネクタを外すことで圧縮機
が動作すればコネクタを外した部品交換
・どのコネクタを外しても「リセット停止」のままで圧縮機が動作
なければ室外電気品交換
2回点滅ピーク電
流カット
過電流を検出したときセルフチェック診断法
①一旦電源を切り直流電圧が放電するまで待つ(10分以上)
②室外制御基板上にあるジャンパー線JW001をニッパーで切断する
かJW001とJW002をワニ口クリップ等で短絡して
から電源を入れ、
室内機をミスト
・空清運転する(LD301が
4秒点灯2秒消灯の点滅)
※14Bは、室内機を冷房32℃で運転する
③テストSWを1秒以上押すとセルフチェックが始まり、終了する
とLD301が点滅する

・1回点滅→圧縮機異常  制御基板はJW001をハンダ付けしてか
ら使用する
(JW001とJW002を短絡していれば解除する)
・2回, 7回,10回, 13回点滅  →圧縮機コネクタ抜けや電源電圧
異常等あれば修正
なければ室外電気品交換
3回点滅異常低速回転数10㎜-1以下のとき 
4回点滅切換失敗低周波同期始動から
置検出運転への切換失敗
 
5回
点滅
過負荷
限カット
過負荷制御回路が作動
した
ままで最低回転数
以下
①次のようなことがあれば原因を取り除く
冷房時:
室外機周囲が遮へいされている
直射日光が当る
室外熱交換器が目詰まりしている
暖房時:
室内熱交換器やフィルタが目詰まりしている
②室外ファンが回らなければ室外ファンを点検
(12回点滅:ファンロック停止参照)
③運転圧力確認  ・OK:室外電気交換・高い:規定量の冷媒再封入
6回点滅OHサー
ミスタ温
度上昇
OHサーミスタが作動
したとき
①OHサーミスタ抵抗値確認(25℃:約34kΩ 30℃:約27kΩ
50℃:約11kΩ 120℃:約1kΩ)
・OK:冷媒洩れの可能性大 洩れ個所を点検修正し規定量の冷媒
再封入 ※電動膨張弁要チェック
・NG:OHサーミスタ交換
②冷媒洩れがなく、圧縮機も熱くならずにすぐ故障モードになる
場合、室外電気品交換
 
圧縮機が異常に熱くなる場合、圧縮機交換
7回点滅 サーミス
タ異常
室外サーミスタがショ
ート
またはオープンの
とき
①室外サーミスタのコネクタ外れ、接触不具合確認
②室外サーミスタ抵抗値確認  OHサーミスタ抵抗値
(25℃:約34kΩ 30℃:約27kΩ 
50℃:約11kΩ 120℃:約1kΩ)
 DEF, 外気温サーミスタ抵抗値(0℃:約6kΩ 25℃:約2kΩ
40℃:約1kΩ)

・OK:室外電気品交換
・NG:異常サーミスタ交換
9回点滅通信エラ
通信が途絶えたとき①Fケーブルの接続を確認し、不具合があれば修正
②室内機タイマーランプの点滅確認
・3回点滅している→室内電気品交換
・12回点滅している→室外電気品交換
10回点滅電源電圧
異常
電源電圧が異常のとき①室外端子台1-2間電圧が正常範囲か確認し、異常があれば正常
な電源に接続する
②リアクタの接続に異常があれば修正異常がなければ室外電気品
交換
11回点滅強風によ
ファン
停止
ファンモータ回転中に
強風等の外乱により

ァン一時停止
風が弱まると再起動する  再起動しなければ室外ファンモータ
点検
(12回点滅:ファンロック停止参照)
12回点滅ファンロ
ック停止
ファン運転指令が出力
して
いるにもかかわら
ずファン
回転信号入力
がないとき
①室外ファンに異物等あれば取り除く
②室外ファンモータコネクタに抜け、接触不具合があれば修正
③電源を切り、室外FMコネクタを外し、ファンを手で回して重い
ようなら室外ファンモータ交換
④室外ファンモータ電圧確認  DCファンモータの点検方法参照
13回点滅E2PROM
読込エラ
マイコンがE2PROMのデー
タを
読めなかったとき
室外電気品交換
14回点滅直流電圧
異常
直流電圧が異常のとき室外電気品交換
15回点滅回路異常室外電気品交換
16回点滅高負荷停止中サービスバルブが閉、 室外機周囲が遮へいされている 室内外
熱交換器が目詰まり、フィルタが目詰まりしている
 

室外機 11A・B・C・D・E

LDLD303(運転ランプ) 運転時:点灯 停止時:消灯  ※点滅は0.25秒間隔で点灯と消灯をくり返します。

LD
301
LD
302
自己診断表示理由主なチェックポイント
消灯消灯正常停止室内サーモオフ、主操作オ
以外は異常
①室外端子台1-2間にAC100V(AC200V)がきているか確認
・OK:室外機点検 ・NG:室内機点検
 (室外受電可能機種は
電源電圧修正)
②室外機の点検:リアクタ接続、各ヒューズを点検し、異常が
なければ室外電気品(制御基板)交換
・リアクタの接続に不具合があれば修正

・25Aヒューズ断線→室外電気品(制御基板)交換

・1A(2A)ヒューズ(F4)断線→室外ファンモータ点検
DC
ファンモータの点検
③室内機の点検
・Fケーブル逆接続、接触不具合があれば修正

・電源電圧に異常があれば電圧修正(AC100V機種に
AC200V
誤投入→室内3Aヒューズとバリスタ交換)
異常がなければ室内電気
品(制御基板)交換
点灯消灯過負荷 (1)  これは過負荷の状態てあり、故障ではありません
消灯点灯過負荷 (2)  
点灯点灯過負荷 (3)  
点滅消灯リセット
停止
電源リセット停止のとき
(電源投入時正常) 
一旦電源を切り、室外FM、電動膨張弁コイル等のコネクタを
ひとつずつ外して強制冷房運転する。コネクタを外すことで
圧縮機が動作すればコネクタを外した部品交換。どのコネクタ
を外しても「リセット停止」のままで圧縮機が動作しなければ
外電気品交換
注)室内機の運転状況が「空清運転中」「単独吸排
気運転中」
 「カビ見張り設定中」「汚れ見張り運転中」「入りタイ
マーの
2時間前」の場合は正常(運転状況が該当しない機種もあ
ります)
1回点滅 
点滅消灯ピーク電流カット過電流を検出したときセルフチェック診断法
①一旦電源を切り直流電圧が放電するまで待つ(10分以上)
②室外制御基板上にあるジャンパー線JW001をニッパーで切断する
※JW001とJW002をワニ口クリップ等で短絡することでセルフ
チェック可能な機種あり
③再度電源を投入し、室内機を空清(ミスト)運転する
※リモコンに空清(ミスト)ボタンのない機種は室外端子台
1,
2に直接AC電源を投入する(注2)
④テストSWを1秒以上押すとセルフチェックが始まり、終了
するとLD303が点灯し、LD301が点滅する
・1回点滅:圧縮機異常制御基板はJW001をハンダ付けして
から使用
する(JW001と
 JW002を短絡していれば解除する)
・2回,7回,10回,13回点滅:圧縮機コネクタを確認し、抜け等
なければ室外電気品(制御基板)交換
2回点滅
点滅消灯異常
速回転
数10㎜-1以下のとき
3回点滅
点滅消灯切換失敗低周波同期始動から位置
検出運転への切換失敗
4回点滅
点滅消灯過負荷下限カット過負荷制御回路が作動し
たままで最低回転数以下
①次のようなことがあれば原因を取り除く
冷房時:室外機周囲が遮へいされている直射日光が当る
室外
熱交換器が目詰まりしている

暖房時:室内熱交換器やフィルタが目詰まりしている
②室外ファンが回らなければファンを点検(ファンロック
停止参照)
③運転圧力確認 ・OK:室外電気品(制御基板)交換
・高い:規定量の冷媒再封入
5回点滅
点滅消灯OHサーミスタ
温度上昇
オーバーヒートサーミス
が作動したとき
①OHサーミスタ抵抗値確認(25℃:約34kΩ 30℃:
約27kΩ 50℃: 約11kΩ 120℃:約1kΩ)
・OK:冷媒洩れの可能性大 洩れ個所を点検修正し規定量の
冷媒再封入 ※電動膨張弁要チェック
・NG:OHサーミスタ交換
②冷媒洩れがなく、圧縮機も熱くならずにすぐ故障モード
なる場合、室外電気品(制御基板)交換
 圧縮機が異常に熱
くなる場合、圧縮機交換
6回点滅
点滅消灯サーミス
異常
室外サーミスタがショー
またはオープンのとき
①室外サーミスタのコネクタ外れ、接触不具合確認
②室外サーミスタ抵抗値確認
OHサーミスタ抵抗値(25℃:約34kΩ 30℃:約27kΩ
50℃:
約11kΩ  120℃:約1kΩ)
DEF、外気温サーミスタ抵抗値
(0℃:約6kΩ 25℃:2kΩ 
40℃:約1kΩ)
・OK:室外電気品(制御基板)交換 ・NG:異常サーミスタ交換
7回点滅
点滅消灯サイクル
温度上昇
通常運転時、熱交換器
部と下部温度が不均衡
①電動膨張弁コネクタ(3個)、デフロストサーミスタ1の
コネクタ外れ、接触不具合確認
②電動膨張弁コイル(3個)の抵抗値(40~50Ω)を確し、
異常があれば異常コイル交換
③電源リセット後のイニシャライズ動作中(30~40秒)に
電動膨張弁コイル(3個)への通電確認。基板上B-0Vに対し
て電動膨張弁コイル①~④ピンの
各ピン電圧(パルス)は
同じになるか
・同じ電圧(パルス)になる→サイクル異常(特に電動膨
張弁2,3)
・DC1.2VあるいはDC12Vのまま→室外電気品交換
8回点滅
点滅消灯通信
エラー
通信が途絶えたとき①Fケーブルの接続を確認し、不具合があれば修正
②室内機タイマーランプの点滅
・3回点滅している場合、室内端子台温度ヒューズを確認し、
断線していれば室内端子台交換。断線していなければ室内電
気品(制御基板)交換
・12回点滅している場合、室外電気品(制御基板)交換
※室外受電可能機種は室内機に故障表示がでると室外機は9回
点滅になる 室内故障表示確認
9回点滅
点滅消灯電源電圧
異常
電源電圧が異常のとき①室外端子台1-2間電圧が正常範囲か確認し、異常があれば
正常な電源に接続する
②リアクタの接続に異常があれば修正 異常がなければ室外
電気品(制御基板)交換
10回点滅
点滅消灯強風によ
ファン
停止
(注1)
ファンモータ回転中に
風等の外乱により
ファン
一時停止
風が弱まると再起動する
再起動しなければ室外ファンモータ点検(ファンロック停止
参照)
11回点滅
点滅消灯ファンロ
ック
停止
ファン運転指令が出力して
いるにもかかわらずファン
回転信号入力がないとき
①室外ファンに異物等あれば取り除く
②室外ファンモータコネクタに抜け、接触不具合があれば修正
③電源を切り、室外FMコネクタを外し、ファンを手で回
して
重いようなら室外ファンモータ交換
④室外ファンモータ電圧確認 DCファンモータの点検方法
参照
12回点滅
点滅消灯2PR
OM
読込
みエラー
マイコンがE2PROMのデ
ータを
読めなかったとき
室外電気品(制御基板)交換
13回点滅
点滅消灯ACT電圧
異常
直流電圧が異常のとき室外電気品(制御基板)交換
14回点滅
点滅消灯ACT回路
異常
      室外電気品交換
15回点滅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日立
スポンサーリンク
nuyをフォローする
業務用エアコンのエラーコード
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました