「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら

英数三桁表示

パナソニック 英数三桁表示

U・H・F診断(H00~H21)

診断
表示
異常又は保
護動作内容
診断方法
( )内数値は機種により変動












調

確認のポイント
( )内数値は機種により変動
UHF
診断
--故障診断
開始記号
   —    —
※1
H00
故障記憶
なし
   —    —
U12対震装置
作動
・非常に大きい地震(震度5
以上)などで、耐震装置が働
くと、異常表示する。

【停止中におきた場合は次
の運転時に表示】
     1.室外ユニットが傾いていないか確認
する。

2.コネクタの接触不良の点検をする。
3.耐震センサーの単品導通確認をする
U13灯油切れ・オイルレベラーへの石油
供給切れにて表示
     1.油切れ。灯油の確認(定油面器まで
灯油が流れているか確認)

2.灯油配管の点検(空気のかみ込み、
配管径、配管長、勾配など)
H11室内外通信異常・内外通信が(15) 秒以上成
立しない時、(2)分間パワー
リレーをOFFにし再判定す
る。

(2) 回検出で異常表示する。
(ただし、運転開始後およ
びパワーリレーON 後、
(1)分間は通信異常としな
い)
1.室外ユニット端子台1-2 番に正規の
電圧(AC)が印加され2-3 番に下記の
DC電圧が出力されることを確認し、
室内外の不良箇所を判定する。

2.室外ユニット端子台3 番(赤)から
内外接続電線を抜き、リモコン(応急
ボタン)ON 約1分以内に、室外端子
台側にてアナログテスタで(2 番
−黒)(3番+赤)にて内外通信電圧
を測定。

1)3 線化初期〜2002 年度(正常時は
DC 約70〜80V 連続出力)

2)2003 年度以降の機種(正常
DC43〜55Vの連続出力)【電圧の振
れる機種あり】

☆上記電圧が出力しない場合は室外ユ
ニットを確認。

電圧正常の場合は内外接続電線、室内
ユニットを確認。

 

見本

タイトルとURLをコピーしました