「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら

インバーターR404A

インバーターR404A

Eコード E00~E10

異常コード意味・検知手段要因チェック方法及び処置
Eコード
(
基板
表示)
E-NETコー
ド(
通信)
名称
E00 4115電源動
機信号
異常
電源投入時に電源周
波数が判定できない
(電源周波数の検出
ができないためファ
ン制御ができない)
電源異常電源端子台の電圧チェック
ヒューズ切れメイン基板へのヒューズF1、F2、F8が切れ
ていないかチェックメイン基板へのヒュー
ズF01が切れていないかチェック
配線不良メイン基板コネクタcn20の1.3番ピン
間電圧チェック電源電圧(AC200V)
と同等でなければCN20配線不良
メイン基板不良上記がすべて正常であり異常が継続してい
ればメイン基板不良
E02  差圧起
動防止
保護
定速圧縮機起動時に
高低圧圧力差が大き
い場合、起動を遅延
します
(最大3分間)
操作弁類の操作不良操作弁類の全開を確認
ショートサイクル運
吸込み空気温度の確認
熱交換器の汚れ熱交の汚れを確認
ファンモータ不良ファンモータの点検
ファンモータコネクタ抜けファンモータコネクタの差込確認
圧力センサ不良(「設計・工事・サービスマニュアル」参照)
メイン基板の圧力セ
ンサ入力回路異常
センサの取り込圧力をディップスイッチ表
示機能により確認 
圧力開閉器のコネク
タ抜け
圧力開閉器のコネクタの差込確認
冷媒量過多運転中の高圧圧力確認
E05
1E05
2E05
3E05
1102
1202
吐出昇
温防止
保護作
動(各
圧縮機
毎に判
定)(T
H1-1、
12,13)
(1)運転中にサーミス
タ<吐出管 温度>が
135℃を検知すると、
ユニットを一旦停止
し、3分再起動モー
ドとなり、3分後に
再起動する。この時
メモリに異常コード
を記憶する。
(2)ユニット停止から
30分以内に再度
135℃以上を検知する
ことを2回繰り返す
と、異常停止し、異
常コードを表示する
この時メモリに異常
コードを記憶する。
(3)ユニット停止から
30分以内に135℃以
上を検知した場合は
1回目の検知となり
上記(1)と同一の動作
となる。
(4)運転中にサーミス
タ<吐出管 温度>が
120℃以上を30分間
積算して検知すると
異常停止し、異常コ
ードを表示する。
(5)120℃以上の積
算タイマは120℃を超
えることが24時間
なければクリアされ
る。
(6)サーミスタ(吐出
管温度)とは別に、
温度開閉器「吐出」
(135℃)が作動し
た場合異常停止し、
異常コードを表示す
る。この時メモリに
異常コードを記憶す
る。
ガス漏れ、ガス不足サイトグラス確認 冷媒の追加
過負荷運転運転データの確認   吸入ガス温度の確認
インジェクション回
路の作動確認 
LEV1の作動確認
LEV1
・液噴射弁出口の温度確認(LEV1開度
固定モード使用)電磁弁(インジェクショ
ン)の動作確認
操作弁類の操作不良操作弁類の全開を確認
ファンモータ不良
ファンコン不良
ファンモータの点検
ファンコン出力値と出力電圧の確認
高低圧間のガス漏れ電磁弁(バイパス)21R5前後の配管温度
確認
サーミスタ
(吐出管温度)不良
センサの取込み温度をディップスイッチ表
示機能により確認サーミスタの抵抗値確認
制御基板のサーミスタ
吐出管温度入力
回路異常
同上  

見本

タイトルとURLをコピーしました