「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら

モジュールチラー

東芝キャリア モジュールチラー

USX故障コード一覧

故障が発生した時、ユニットコントローラのPIO制御基板に表示されるサーキット名は、モジュール全体故障であれば”0(ゼロ)”
Aサーキット停止であれば”A”、Bサーキット停止であれば”b”、Cサーキット停止であれば”c”、Dサーキット停止であれば”d”
上流ユニット停止C・Dサーキット)であれば”c”、下流ユニット停止(A・Bサーキット停止)であれば”A”を表示します
注1、ポンプインバータ関係の異常は、インバータポンプ内臓機のみの保護制御です。
注2、2分間連続して通信が失敗した場合に、当該モジュールのみ停止します。その後、通信状態が正常に戻ると自動復帰します。
注3、サーミスタ異常(コイル温度)、四方弁異常は、ヒートポンプモジュールのみの保護制御であり、冷房専用モジュールにはありません。
注4、圧縮機起動後5分以内では「低圧異常1」が作動し、その他の場合では「低圧異常2」が作動します。
注7、クリーンコンバータ内臓機のみの保護制御です。
注8、ブライン仕様の場合は下記の故障コードと故障内容になります。
注9、EEV制御基板1が故障した場合はA・Bサーキットが停止し、EEV制御基板2が故障した場合はC・Dサーキットが停止します。
 
故障
コード
(16進数)
項  目内   容表示され
るサーキ
ット名
停 止 処 理
正常正常0なし
欠相異常電源の欠相を検出0当該モジュール
出力電圧異常EEVヒューズ溶断0当該サーキットのみ(注9)
ポンプインバータ過
電流保護作動(注1)
ポンプインバータが過電流を検出し
た場合
0当該モジュール
ポンプインバータ過
電圧保護作動(注1)
ポンプインバータが過電圧を検出し
た場合
0当該モジュール

見本

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

東芝キヤリア
業務用エアコンのエラーコード

コメント

タイトルとURLをコピーしました