「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「Linuxでサーバー構築」はこちら
スポンサーリンク

チラーユニット モジュール型

スポンサーリンク

マトリックスアドバンス

コード 01-01~6E-6E

コード故障内容主原因(含処置)
01-01起動回路故障●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN15の接続と差し込みを手直しする
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN17の接続と差し込みを手直しする
●リレーXRの端子の接続と差し込みを手直し●リレーXRを交換
03-03CPU-I/O伝送●PWBA(設定基板)のディップスイッチ6-4、5番を正しく設定して、電源再投入
●PWBC(I/O基板)のディップスイッチ2-1、2番を正しく設定して、電源再投入
●終端抵抗は正しく設定されている。PWBB(CPU基板)のDSW8-1番、PWBC(I/O基板)のDSW
10-1番のどちらかがON。ディップスイッチを正しく設定して、電源再投入。
●PWBB(CPU基板)をチェック、PWBC(I/O基板)をチェック
05-05逆相・欠相●電源、電圧調査 ●正相へ手直し ●PWBC(I/O基板)チェック ●PWBC(I/O基板)上の3相
入力ポートコネクターR、S、Tの接続と差し込みを手直しする。
11-11入口水温THM異常
(CN4)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN4の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)交換
11-HE 入口水温THM異常
(CN7)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN7の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)交換
12-12出口水温THM異常
(CN5)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN5の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)交換
13-13凍結保護●凍結防止●水量調査(入口、出口温度調査)●水ストレーナーのつまり●水冷却器内のつまり
●ポンプ逆回転調査●空気混入調査●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)
●PWBB(CPU基板)とPWBC(I/O基板)上のコネクターの接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)とPWBC(I/O基板)チェック
14-14温水過昇●水量調査(入口、出口温度調査)●水ストレーナーのつまり●ポンプ逆回転調査●空気混入調査
●温水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)●水側熱交換器のつまり
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN5の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)チェック
22-22外気THM異常
(CN6)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN6の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)交換
2C-2C送水ヘッダTHM異常
(CN13)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN13の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)交換
2d-2d還水ヘッダTHM異常
(CN14)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN14の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換●PWBB(CPU基板)交換
40-40誤設定●ディップスイッチを正しく設定して電源再投入●PWBB(CPU基板)チェック
●設定基板のディップスイッチの接触不良です。設定基板を交換してください。
40-40誤操作●リモート運転中にローカルへ設定変更を行うと誤操作になる。
●PWBA(設定基板)、
PWBB(CPU基板)チェック
●ローカル運転中にリモートへ設定変更を行うと誤操作になる。
●ローカル設定時(ユニット停止中)にリモート(オプション含む)から運転指令を入力すると誤操作になる。
●冷却運転中に加熱へ設定変更の操作を行うと誤操作になります。
●加熱運転中に冷却へ設定変更の操作を行うと誤操作になります。
40-40台数制御誤設定●接続台数を正しく設定
●各号機のPWBA(設定基板)のディップスイッチを正しく設定
●1号機(親機)~2号機(子機)間のH-LINK伝送配線手直し
●PWBB(CPU基板)をチェック
40-40台数制御誤操作●システム運転中に冷/暖指令を切り換える操作を行うと台数制御誤動作になります。冷/暖切換
はシステム停止中に行ってください。
●PWBB(CPU基板)チェック(交換)
40-40伝送異常(誤配線)●伝送線を正しく接続●PWBB(CPU基板)チェック(交換) 
5P-5Pポンプインターロック
異常
●ポンプおよびポンプ用過電流継電器回りの配線チェック
●ポンプロック調査
●ポンプ過電流継電器調査
●サーミスターチェック●PWBB(CPU基板)チェック
6C-6C冷却水断水(断水保護
開閉器(63WC)接続時:
オプション)
●ポンプをチェック ●ポンプ流量をチェック
●水ストレーナーのつまり
●断水保護開閉器をチェック
●配線チェック ●PWBB(CPU基板)をチェック
6E-6E冷水断水・温水断水
(63W使用時:オプション)
●ポンプをチェック  ●ポンプ流量をチェック  ●水ストレーナーのつまり
●断水保護開閉器をチェック  ●配線チェック  ●PWBB(CPU基板)をチェック

コード C1-##

コード故障内容主原因(含処置)
C1-03I/O内部伝送●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN238~240、CN55~57の接続と差し込みを手直し
●PWBC(I/O基板)チェック
C1-12出口温度THM異常
(CN5)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN5の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBB(CPU基板)交換
C1-13凍結保護・凍結防止●水量調査(入口、出口温度調査)●水ストレーナーのつまり●ポンプ逆回転調査●空気混入
調査●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)●水側熱交換器のつまり
●PWBB
(CPU基板)やPWBC(I/O基板)上のコネクターの接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換
●PWBB(CPU基板)とPWBC(I/O基板)チェック
C1-14温水過昇●水量調査(入口、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査
●空気混入調査 ●温水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)●水側熱交換器のつまり
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN5の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBB(CPU基板)チェック
C1-21クーラー入口THM異
常(CN29)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN29の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBC(I/O基板)交換
C1-23吐出ガスTHM異常
(CN26)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN26の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBC(I/O基板)交換
C1-24液温THM異常(CN24)●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN24の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBC(I/O基板)交換
C1-25出口背面THM異常
(CN25)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN25の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBC(I/O基板)交換
C1-26吸入ガスTHM異常
(CN27)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN27の接続と差し込みを手直しする ●サーミスター交換
●PWBC(I/O基板)交換
C1-27吐出ガスセンサー異常
(CN31)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN31Pdの接続と差し込みを手直しする
●PWBC(I/O基板)交換●配管内のつまり要因排除 ●吐出圧力センサー交換
C1-28吸入圧力センサー異常
(CN32)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN32Psの接続と差し込みを手直しする
●PWBC(I/O基板)交換 ●配管内のつまり要因排除 ●吸入圧力センサー交換
C1-29水出口温度THM異常
(CN8)
●PWBB(CPU基板)上のコネクターCN8の接続と差し込みを手直しする
●サーミスター交換 ●PWBB(CPU基板)交換
C1-39電流センサー異常
(CN36)
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN36の接続と差し込みを手直しする
●電流センサー本体のコネクターの接続と差し込みを手直しする ●配線手直し
●電流センサー仕様チェック、ディップスイッチ確認 ●電流センサー交換
C1-51COMP過電流●過電流継電器チェック(内部断線) ●配線チェック(断線) ●電源電圧の高すぎまたは
低すぎ●電源電圧の相間アンバランス 
●圧縮機電動機ロック状態 ●圧縮機電動機
絶縁低下 ●電源ターミナル類のねじのゆるみ
●電源ヒューズ溶断 ●電磁開閉器調査
(単相運転) ●圧縮機スライドバルブ動作不良
C1-61吐出ガス上昇●冷媒不足、ガス漏れ ●逆止弁作動不良 ●膨張弁のつまり●膨張弁開度調査
●膨張弁作動不良●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN26Tdの接続と差し込みを手直し
●サーミスター交換 ●PWBC(I/O基板)チェック
C1-71COMPインターナル
サーモ作動
●電源電圧の高すぎ又は低すぎ●電源電圧の相間アンバランス●圧縮機電動機ロック状態
●圧縮機電動機絶縁低下 ●PWBC(I/O基板)上のコネクターPCN207の接続を手直し
●PWBC(I/O基板)上のコネクターPCN207に差し込まれている配線の導通チェック(断線)
●圧縮機チェック(内部断線) ●PWBC(I/O基板)チェック
C1-91クーラー入口低下●水量調査(入口温度、出口温度調査)●水ストレーナーのつまり●ポンプ逆回転調査
●空気混入調査●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)●冷媒不足、ガス漏れ
●低圧側配管のつまり●膨張弁のつまり●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN29の接続
と差し込みを手直しする
●逆止弁の作動不良●膨張弁作動不良●サーミスター交換
●PWBC(I/O基板)チェック
C1-F0FAN台数設定●ディップスイッチを正しく設定する ●PWBC(I/O基板)チェック 
C1-H1高圧遮断装置●高圧遮断装置のリセット ●PWBC(I/O基板)上のコネクターPCN204の接続を手直し
●高圧遮断装置(63H)チェック(内部断線) ●配線チェック(断線) ●PWBC(I/O基板)
チェック
<冷却運転の場合> ●空気側熱交換器の目づまり ●送風機動作不良
●冷媒過封入●吸込空気温度が高過ぎる(使用範囲外)<加熱運転の場合>
●水量不足 ●ポンプ逆回転●空気混入 ●水ストレーナのつまり 
●水側熱交換
器内に水あかが付着●膨張弁動作不良 ●液阻止弁開き忘れ
●冷媒過封入
●吸込空気温度が高
C1-h1高圧圧力過昇●設置状況(ショートサーキットなど)を改善する必要があります ●圧力センサー交換
●PWBC(I/O基板)チェック ●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN31Pdの接続を手直し
<冷却運転の場合> ●異物除去、洗浄●送風機チェック●高圧圧力チェック●サイクルチェック
<加熱運転の場合>●断水、流量不足、ポンプ逆回転、水ストレーナーつまりチェック 空気混入
●水側熱交換器に水あかが付着 ●膨張弁動作不良 ●冷媒追加封入
C1-l1低圧遮断装置●阻止弁を開けてください ●冷媒不足、ガス漏れ ●膨張弁のつまり、作動不良
●低圧側配管のつまり●逆止弁の作動不良 ●水量不足 ●ポンプ逆回転
●空気混入●ストレーナーのつまり ●冷媒内水分過多●水側熱交換器内に水あかが付着
●PWBC(I/O基板)上のコネクターPCN205の接続と差し込みを手直しする●PWBC
(I/O基板)上のコネクターCN32Psの接続と差し込みを手直しする 
●圧力センサー交換
●PWBC(I/O基板)チェック
C1-L1低圧遮断制御●阻止弁を開けてください ●冷媒不足、ガス漏れ ●膨張弁のつまり、
作動不良 
●低圧側配管のつまり●逆止弁の作動不良●水量不足●ポンプ逆回転
●ストレーナーのつまり 
●空気混入 ●冷媒内水分過多●水側熱交換器内に水あか付着
●PWBC(I/O基板)チェック 
●PWBC(I/O基板)上のコネクターCN32Psの接続と差し込みを手直し
●圧力センサー交換
C1-t1吸入ガス低下●水量調査(入口、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査
●空気混入調査 ●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)  ●PWBC(I/O基板)上の
コネクターCN27の接続を手直し●サーミスター交換●PWBC(I/O基板)チェック

 

コード d、F1-##、P0-##

コード故障内容主原因(含処置)
d – COMPインバータートリ
ップ
  
d0-00COMPインバーター伝送
異常
●PWBC(I/O基板)のディップスイッチDSW4を正しく設定 ●PWBC(I/O基板)上のコネクター
CN22の接続と差し込みを手直しする●伝送線の中継コネクターの接続およびインバーター
本体の端子接続と差し込みを手直しする 
●PWBC(I/O基板)チェック(交換)
●インバーター本体通信設定チェック
F1-11
F1-12
F1-13
F1-14
FAN地絡検出(ファン1号機)
FAN地絡検出(ファン2号機)
FAN地絡検出(ファン3号機)
FAN地絡検出(ファン4号機)
●ファンモーターをチェック、異常があれば交換
●ファンモジュールを交換
●空気側熱交換器の目づまりを解消してください 
 

F1-21
F1-22
F1-23
F1-24

FANエラー検出●過電流●フィン温度
上昇
(ファン1号機)
(ファン2号機)
(ファン3号機)
(ファン4号機)
●<FANフィン温度上昇の場合> 再度運転してください●ファンモジュールを交換●シリコングリスが
接触面全面に行き渡るように塗布してください
●空気側熱交換器の目づまりを解消
してください●ファンモジュールを交換
<FAN過電流の場合> 再度運転してください●ファンモジ
ュールをチェック
●配線系統チェック ●ファンモジュールを交換 ●現地電源系統のチェック
F1-41
F1-42
F1-43
F1-44
FAN伝送(ファン1号機)
FAN伝送(ファン2号機)
FAN伝送(ファン3号機)
FAN伝送(ファン4号機)
●ファンモジュールの号機設定はディップスイッチで正しく設定 ●ヒューズチェック ●ファンモジュール上
のコネクターCN206、207の接続を手直しする ●ファンモジュールチェック
 

F1-51
F1-52
F1-53
F1-54
FAN不足電圧/FAN過電圧
(ファン1号機)
(ファン2号機)
(ファン3号機)
(ファン4号機)
●再度運転してください ●配線系統と配線容量を点検、調査してください
●ファンモジュールを交換する  ●ヒューズを交換する ●ファンモジュールを正しく接続する 

F1-81
F1-82
F1-83
F1-84
FAN電流センサー
(ファン1号機)
(ファン2号機)
(ファン3号機)
(ファン4号機)
●ファンモジュールを交換 ●ファンモーターをチェック  
P0-PUMPインバータートリップ 
P0-00PUMPインバーター伝送異常PWBD(I/O基板)のディップスイッチDSW4を正しく設定 ●PWBD(I/O基板)上のコネクター
CN22の接続と差し込みを手直し 
●伝送線の中継コネクターの接続及びインバーター本体
の端子接続と差し込みを手直し 
●PWBD(I/O基板)チェック(交換) ●インバーター本体通
信設定チェック

インバーターマトリックス 

コード  01-01~6E-6E

コード故障内容主原因(含処置)
01-01起動回路故障●接続、差し込み手直し ●リレーXRを交換
03-03CPU─I/O伝送●ディップスイッチを正しく設定して電源再投入  ●CPU基板(PWBB)をチェック
●I/O基板(PWBC、D)をチェック
 
03-03外部伝送●ディップスイッチを正しく設定する ●CSC─5S側の設定をチェック
05-05逆相・欠相●電源、電圧調査 ●接続、差し込み手直し●正相へ手直し ●I/O基板(PWBC、D)チェック 
11-11入口水温THM異常(CN4)●接続、差し込み手直し
●サーミスター交換
●CPU基板(PWBB)交換
12-12出口水温THM異常(CN5)
13-13凍結保護・凍結防止 ●水量調査(入口、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査 ●空気混入
調査  ●冷水サーモ設定値調査
(使用範囲内のこと)●接続、差し込み手直し●サーミスター
交換
●COU基板やI/O基板チェック   
14-14温水過昇●接続、差し込み手直し●サーミスター交換 ●水量調査(入口温度、 出口温度調査) ●水ストレーナー
のつまり●ポンプ逆回転調査
●空気混入調査 ●温水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)
●CPU基板(PWBB)チェック   
22-22外気THM異常(CN6)●接続、差し込み手直し ●サーミスター交換 ●CPU基板(PWBB)交換
2C-2C送水ヘッダ1 THM
異常(CN13)
●ディップスイッチを正しく設定して電源再投入 ●サーミスターを1号機(親機)に接続●接続、差し込
み手直し
●サーミスター交換  ●CPU基板(PWBB)交換  
40-40誤設定 ・誤操作 
40-40台数制御誤設定 
5P-5Pポンプインターロック
異常
●ポンプロック調査 ●ポンプ過電流継電器調査●ポンプおよびポンプ用 過電流継電器回りの
配線チェック ●CPU基板(PWBB)チェック
 
6C-6C冷却水断水(断水保護開閉器
(63W)使用時;オプション)
 
●ポンプをチェック ●ポンプ流量をチェック  ●水ストレーナーのつまり ●断水保護開閉器をチェック
●配線チェック
●CPU基板(PWBB)チェック 
6E-6E冷水●温水断水 
6E-6E冷水断水(63W使用時
;オプション)
 

コード  C1-03~C1-91

コード故障内容主原因(含処置)
C1-03№1 I/O内部伝送●接続、差し込み手直し ●I/O基板(PWBC)チェック
C1-05逆相・欠相●電源、電圧調査 ●接続、差し込み手直し ●正相へ手直し ●I/O基板(PWBC、D)チェック 
C1-13凍結保護・凍結防止●水量調査(入口、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり●ポンプ逆回転調査●空気混入調査
●冷水サーモ設定値調査
(使用範囲内のこと) ●接続、差し込み手直し●サーミスター交換
●COU基板やI/O基板チェック   
C1-14温水過昇●接続、差し込み手直し●サーミスター交換●水量調査(入口、出口 温度調査) ●水ストレーナーの
つまり●ポンプ逆回転調査
●空気混入調査 ●温水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)
●CPU基板(PWBB)チェック   
C1-21№1 クーラー入口
THM異常(CN29)
●接続、差し込み手直し
●サーミスター交換

●I/O基板(PWBC)交換
      
C1-23№1 吐出ガスTHM
異常(CN26)
C1-23№1 吐出ガスTHM
異常(CN28)
C1-23№1 吐出ガスTHM
異常(CN30)
C1-24№1 液温THM異常
(CN24)
C1-25№1 出口背面THM
異常(CN25)
C1-26№1 吸入ガスTHM
異常(CN27)
C1-27№1 吐出圧力センサー
異常(CN31)
●接続、差し込み手直し
●I/O基板(PWBC)交換

●配管内のつまり要因排除
●吐出圧力センサー交換
 
C1-28№1 吸入圧力センサー
異常(CN32)
C1-39№1 電流センサー
異常(CN36)
●接続、差し込み手直し ●配線手直し ●電流センサー仕様チェック、ディップスイッチ確認
●電流センサー交換
 
C1-61
C1-62
C1-63
№1 吐出ガス上昇●冷媒不足、ガス漏れ ●逆止弁作動不良 ●膨張弁のつまり ●膨張弁開度調査
●膨張弁作動不良 ●接続、差し込み手直し 
●サーミスター交換 ●I/O基板(PWBC)チェック  
C1-71インターナルサーモ作動
№1 定速圧縮機過電流
●電源電圧の高すぎまたは低すぎ ●電源電圧の相間バランス ●圧縮機電動機ロック状態
●圧縮機電動機絶縁低下
●圧縮機配線逆相、欠相接続 ●圧縮機動力ヒューズ溶断
●電源ターミナル類のねじのゆるみ●電磁開閉器調査●配線チェック(断線)  ●接続、差し込み
手直し ●電流センサー交換 ●I/O基板(PWBC)チェック
    
C1-71№1 COPMインターナル
サーモ作動
●インターナルサーモ(49C)チェック(内部断線)  ●配線チェック  ●I/O基板(PWBC)チェック  ●電源電圧
の高すぎまたは低すぎ
●電源電圧の相間アンバランス  ●圧縮機電動機ロック状態  ●圧縮機
電動機絶縁低下
   
C1-91№1 クーラー入口低下●水量調査(入口、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転 調査●空気混入
調査 ●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)
●冷媒不足、ガス漏れ●低圧側配管の
つまり●膨張弁のつまり
●逆止弁の作動不良●膨張弁作動不良●水冷却器内に水あか
が付着 
●接続、差し込み手直し ●サーミスター交換 ●I/O基板(PWBC)チェック    

コード  C1-E#~C1-t#

コード故障内容主原因(含処置)
C1-E1№1 圧力比低下●吸込空気温度は使用範囲内で使用してください ●冷水温度は使用範囲内で使用してください
●送風機チェック
 ●膨張弁作動不良 ●高圧圧力、低圧圧力チェック ●サイクルチェック ●温水温度は使用
範囲内で使用してください
●接続、差し込み手直 ●圧力センサー交換 ●I/O基板(PWBC)チェク
C1-F0№1 FAN台数設定●ディップスイッチを正しく設定する ●I/O基板(PWBC)チェック
C1-FF№1 FANインター
ロック
●ファンインターロック確認スイッチを「通常」にしてください ●配線チェック(52FおよびPCN220) ●送風機用電
磁接触器チェック
●配線チェック、PCN208 ●送風機用電磁接触器(52F)交換●コネクター差し込みチェック、52F
ねじのゆるみ確認
●I/O基板(PWBC)チェック
C1-H1高圧遮断装置●高圧遮断装置のリセットボタンを押してください ●配線チェック(断線)  ●高圧遮断装置(63H)チェック(内
部断線)  ●I/O基板(PWBC)チェック
<冷却運転の場合> ●空気側熱交換器の目詰まり ●送風機動
作不良 ●冷媒過封入
<加熱運転の場合> ●水量不足 ●ポンプ逆回転 ●空気混入 ●水側熱
交換器内に水あかが付着 ●水ストレーナのつまり
●膨張弁動作不良 ●液阻止弁開き忘れ ●冷媒
過封入
C1-H1№1 高圧遮断装置1●高圧遮断装置(63H11~13)チェック(内部断線)  ●配線チェック(断線)  ●I/O基板(PWBC)チェック●空気
側熱交換器の目詰まり 
●送風機動作不良 ●冷媒過封入 ●水量不足 ●ポンプ逆回転 ●空気
混入 ●水側熱交換器内に水あかが付着 ●水ストレーナのつまり 
●膨張弁動作不良
C1-H1№1 高圧遮断装置●高圧遮断装置(63H)チェック(内部断線)  ●配線チェック(断線)  ●I/O基板(PWBC)チェック●冷却水量不
足 ●高圧圧力チェック
 ●サイクルチェック  ●ポンプ逆回転  ●空気混入 ●凝縮器内に水あかが付着
●水ストレーナのつまり
C1-h1高圧圧力過昇●接続、差し込み手直し●圧力センサー交換●I/O基板(PWBC)チェック <冷却運転の場合>●設置状況
(ショートサーキットなど)を改善
●異物除去、洗浄●送風機チェック●高圧圧力チェック●サイクルチェック <加熱運転の
場合>
●断水、流量不足、ポンプ逆回転、空気混入、
水ストレーナーつまりチェック●水側熱交換器に水あかが付着
●膨張弁動作不良●冷媒追加封入
C1-h1№1 高圧圧力過昇●設置状況(ショートサーキットなど)を改善する●異物除去、洗浄●送風機チェック●高圧圧力チェック
●サイクルチェック
●断水、流量不足、ポンプ逆回転、空気混入、水ストレーナーつまりチェック●水側熱交換器に水
あかが付着●膨張弁動作不良●冷媒追加封入
●接続、差し込み手直し ●圧力センサー交換●I/O基板
(PWBC)チェック
C1-h1№1 高圧圧力過昇●冷却水量不足 ●高圧圧力チェック ●サイクルチェック ●ポンプ逆回転 ●空気混入 ●凝縮器内に
水あかが付着●水ストレーナのつまり ●接続、差し込み手直し 
●圧力センサー交換
●I/O基板(PWBC)チェック
C1-H2
C1-H3
№1 高圧遮断装置2
№1 高圧遮断装置3
●高圧遮断装置(63H11~13)チェック(内部断線)  ●配線チェック(断線)  ●I/O基板(PWBC)チェック●空気
側熱交換器の目詰まり 
●送風機動作不良 ●冷媒過封入 ●水量不足 ●ポンプ逆回転●空気
混入 ●水側熱交換器内に水あかが付着 
●水ストレーナのつまり ●膨張弁動作不良
C1- l1
C1-L1
№1 低圧遮断装置
№1 低圧遮断制御
●阻止弁を開けてください ●冷媒不足、ガス漏れ ●膨張弁のつまり、 作動不良 ●低圧側配管
のつまり ●逆止弁の作動不良 ●水量不足 
●ポンプ逆回転 ●空気混 ●ストレーナーのつまり
●冷媒内水分過多
●水側熱交換器内に水あかが付着 ●接続、差し込み手直し ●圧力センサー交換
●I/O基板(PWBC)チェック
C1-t1№1 吸入ガス低下●水量調査(入口温度、出口温度調査)  ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査 ●空気混入
調査
●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)  ●接続、差し込み手直し ●サーミスター交換
●I/O基板(PWBD)チェック
C1-t1№1 吸入ガス低下●水量調査(入口、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査●空気混入調査 ●冷水
サーモ設定値調査
(使用範囲内のこと) ●冷媒不足、ガス漏れ ●低圧側配管のつまり ●膨張弁のつまり
●逆止弁の作動不良 ●膨張弁作動不良
●水冷却器内に水あかが付着 ●接続、差し込み手直し
●サーミスター交換●I/O基板(PWBC)チェック

コード  C2-##

コード故障内容主原因(含処置)
C2-03№2 I/O内部伝送●接続、差し込み手直し ●I/O基板(PWBD)チェック
C2-05逆相・欠相●電源、電圧調査 ●接続、差し込み手直し ●正相へ手直し ●I/O基板(PWBC、D)チェック 
C2-13 凍結保護・凍結防止●接続、差し込み手直し ●サーミスター交換 ●水量調査(入口温度、 出口温度調査)●水ストレーナーの
つまり ●ポンプ逆回転調査
●空気混入調査 ●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと)
●COU基板やI/O基板チェック
   
C2-21№2 クーラー入口THM異常
(CN29)
●接続、差し込み手直し
●サーミスター交換

●I/O基板(PWBD)交換
      
C2-23№2 吐出ガスTHM異常
(CN26)
№2 吐出ガスTHM異常
(CN28)
№2 吐出ガスTHM異常
(CN30)
C2-24№2 液温THM異常
(CN24)
C2-25№2 出口背面THM異常
(CN25)
C2-26№2 吸入ガスTHM異常
(CN27)
C2-27№2 吐出圧力センサー異常
(CN31)
●接続、差し込み手直し  ●I/O基板(PWBD)交換  ●配管内のつまり要因排除
●吐出圧力センサー交換
 
C2-28№2 吸入圧力センサー異常
(CN32)
C2-39№2 電流センサー異常
(CN36)
●接続、差し込み手直し ●配線手直し ●電流センサー仕様チェック、ディップスイッチ確認
●電流センサー交換
 
C2-61
C2-62
C2-63
№2 吐出ガス上昇●冷媒不足、ガス漏れ ●逆止弁作動不良 ●膨張弁のつまり ●膨張弁開度調査
●膨張弁作動不良 ●接続、差し込み手直し
●サーミスター交換 ●I/O基板(PWBD)チェック  
C2-72№2 定速圧縮機過電流●電源電圧の高すぎまたは低すぎ ●電源電圧の相間バランス ●圧縮機電動機ロック状態
●圧縮機電動機絶縁低下
●圧縮機配線逆相、欠相接続 ●圧縮機動力ヒューズ溶断
●電源ターミナル類のねじのゆるみ ●電磁開閉器調査 ●接続、差し込み手直し ●電流センサー交換
●I/O基板(PWBD)チェック
C2-92№2 クーラー入口低下●水量調査(入口温度、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査●空気
混入調査 ●冷水サーモ設定値調査(使用範囲
 内のこと) ●冷媒不足、ガス漏れ●低圧側
配管のつまり
●膨張弁のつまり ●逆止弁の作動不良 ●膨張弁作動不良●接続、差し
込み手直し ●サーミスター交換 ●I/O基板(PWBD)チェック
    
C2-E2№2 圧力比低下●吸込空気温度は使用範囲内で使用してください  ●冷水温度は使用範囲内で使用
してください ●送風機チェック
●膨張弁作動不良 ●高圧圧力、低圧圧力チェック ●サイクルチェック
●温水温度は使用範囲内で使用してください
●接続、差し込み手直し ●圧力センサー交換
●I/O基板(PWBD)チェック
C2-F0№2 FAN台数設定●ディップスイッチを正しく設定する ●I/O基板(PWBD)チェック
C2-FF№2 FANインター
ロック
 
●ファンインターロック確認スイッチを「通常」にしてください  ●配線チェック(52FおよびPCN220)
●送風機用電磁接触器チェック
 ●配線チェック、PCN208  ●送風機用電磁接触器(52F)交換
●コネクター差し込みチェック、52Fねじのゆるみ確認  ●I/O基板(PWBD)チェック
C2-H1
C2-H2
№2 高圧遮断装置1
№2 高圧遮断装置2
●高圧遮断装置(63H21~23)チェック(内部断線)  ●配線チェック(断線)  ●I/O基板(PWBD)
チェック  ●空気側熱交換器の目詰まり
 ●送風機動作不良  ●冷媒過封入 ●水量不足
●ポンプ逆回転
 ●空気混入 ●水側熱交換器内に水あかが付着 ●水ストレーナのつまり
●膨張弁動作不良
C2-h2№2 高圧圧力過昇●設置状況(ショートサーキットなど)を改善する必要があります●異物除去、洗浄●送風機チェック
●高圧圧力チェック  ●サイクルチェック 
●断水、流量不足、ポンプ逆回転、空気混入、水ストレーナーつま
りチェック
●水側熱交換器に水あかが付着●膨張弁動作不良●冷媒追加封入●接続、差し込
み手直し ●圧力センサー交換 ●I/O基板(PWBD)チェック
    
C2-H3№2 高圧遮断装置3●高圧遮断装置(63H21~23)チェック(内部断線) ●配線チェック(断線)  ●I/O基板(PWBD)チェック
●空気側熱交換器の目詰まり 
●送風機動作不良 ●冷媒過封入 ●水量不足 ●ポンプ
逆回転
●空気混入●水側熱交換器内に水あかが付着●水ストレーナのつまり●膨張弁動作不良
C2- l2
C2-L2
№2 低圧遮断装置
№2 低圧遮断制御
●冷媒不足、ガス漏れ●膨張弁のつまり、作動不良●低圧側配管のつまり●逆止弁の作動
不良●水量不足 
●ポンプ逆回転 ●空気混入 ●ストレーナーのつまり ●冷媒内水分過多
●水側熱交換器内に水あかが付着●接続、差し込み手直し●圧力センサー交換 ●I/O基板
(PWBD)チェック
C2-t2№2 吸入ガス低下●水量調査(入口温度、出口温度調査) ●水ストレーナーのつまり ●ポンプ逆回転調査 ●空気混入
調査
●冷水サーモ設定値調査(使用範囲内のこと) ●接続、差し込み手直し ●サーミスター交換
●I/O基板(PWBD)チェック

コード  d1-##、d2-##、F1-##、F2-##

コー
故障内容主原因(含処置)
d1-31
d1-32
№1 COMP1 フィン温度上昇
№1 COMP2 フィン温度上昇
●再度運転してください ●インバーター圧縮機基板の故障です。交換してください。 ●サーミスター
の故障です。交換してください。
●放熱フィン用送風機および配線を確認してください   
d1-51№1 COMP1 不足電圧
№1 COMPm 過電圧
●再度運転してください ●配線系統、配線容量を点検、調査してください  ●インバーター
圧縮機基板(PWBE)の異常です。交換してください。

●トランジスタモジュールを正しく接続、又はリアクトル(DCL)平滑コンデンサー(CB)
 圧縮機用電磁接触器
(52C)とトランジスタモジュールとを正しく接続する 
●平滑コンデンサー(CB)を交換
●ダイオードモジュール(DM)、平滑コンデンサー(CB)
の配線を点検
d1-52№1 COMP2 不足電圧
№2 COMPm 過電圧
d1-71
d1-72
№1 COMP1 伝送異常
№1 COMP2 伝送異常
●ディップスイッチを正しく設定する ●接続、差し込み手直し
●I/O基板(PWBC)チェック、インバーター圧縮機基板(PWBE)をチェック
 
d1-81
d1-82
№1 COMP1電源センサー
№1 COMP2電源センサー
●再度運転してください●圧縮機動力線がCT(電流検知用変流器)を 通していないので、
通してください
●インバーター圧縮機基板(PWBE)の異常です。交換してください。●圧縮機を
交換●トランジスタモジュールを点検
d2-31
d2-32
№2 COMP1 フィン温度上昇
№2 COMP2 フィン温度上昇
●再度運転してください ●インバーター圧縮機基板の故障です。交換してください。●サーミスター
の故障です。交換してください。 
●放熱フィン用送風機および配線を確認してください
d2-51№2 COMP1 不足電圧
№1 COMPm 過電圧
●再度運転してください●配線系統、配線容量を点検、調査してください●インバーター圧
縮機基板(PWBE)の異常です。交換してください。
●トランジスタモジュールを正しく接続、又はリアク
トル(DCL)平滑コンデンサー(CB)
圧縮機用電磁接触器(52C)とトランジスタモジュールとを正しく接続する
●平滑コンデンサー(CB)を交換 ●ダイオードモジュール(DM)、平滑コンデンサー(CB) の配線を点検検
d2-52№2 COMP2 不足電圧
№2 COMPm 過電圧
d2-71№2 COMP1 伝送異常●ディップスイッチを正しく設定する ●接続、差し込み手直し
●I/O基板(PWBD)チェック、インバーター圧縮機基板(PWBE)をチェック
d2-72№2 COMP2 伝送異常
d2-81
d2-82
№2 COMP1電源センサー
№2 COMP2電源センサー
●再度運転してください●圧縮機動力線がCT(電流検知用変流器)を 通していないので、
通してください

●インバーター圧縮機基板(PWBE)の異常です。交換してください。 
●圧縮機を交換●トランジ
スタモジュールを点検
F1-11
F1-12
(№1) FAN速度異常●再度運転してください
●逆風による過電流を検出したためにアラームになったと考えられます。
機器に故障は無い
ので、そのままご使用ください。

●異物を取り除いてください
●コネクターの異常を修正してください
●ファンモーターを交換してください
●制御基板またはファンモジュールを交換してください
F1-13

F1-18
FAN速度異常
F1-21
F1-22
(№1) FANエラー検出
(№1) FAN過電流
(№1) FANフィン温度上昇
F1-23

F1-28
FANエラー検出
FAN過電流
FANフィン温度上昇
F1-31
F1-32
(№1) FAN位置検出
F1-33

F1-38
FAN位置検出
F1-41
F1-42
(№1) FAN伝送●ディップスイッチを正しく設定する
●「送風機インターロック確認スイッチ」を「通常」にしてください
●ヒューズチェック
●接続、差し込み手直し
●ファンモジュールチェック
    
F1-43

F1-48
FAN伝送
F1-51
F1-52
(№1) FAN不足電力
(№1) FAN過電圧
●再度運転してください
●配線系統と配線容量を点検、調査してください
●ファンモジュールの異常です。交換してください。
●ヒューズを交換する
●ファンモジュールを正しく接続する
    
F1-53

F1-58
FAN不足電力
/FAN過電圧
F2-11
F2-12
№2 FAN速度異常●再度運転してください
●逆風による過電流を検出したためにアラームになったと考えられます。
 機器に故障
は無いので、そのままご使用ください。
●異物を取り除いてください
●コネクターの異常を修正してください
●ファンモーターを交換してください
●制御基板またはファンモジュールを交換してください
F2-21
F2-22
№2 FANエラー検出
№2 FAN過電流
№2 FANフィン温度上昇
F2-31
F2-32
№2 FAN位置検出
F2-41
F2-42
№2 FAN伝送●ディップスイッチを正しく設定する ●「送風機インターロック確認スイッチ」を「通常」にしてください
●ヒューズチェック ●接続、差し込み手直し ●ファンモジュールチェック
F2-51
F2-52
№2 FAN不足電力
№2 FAN過電圧
●再度運転してください●配線系統と配線容量を点検、調査してください
●ファンモジュールの異常です。交換してください。●ヒューズを交換する●ファンモジュールを正しく
接続する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日立
スポンサーリンク
nuyをフォローする
業務用エアコンのエラーコード
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました